2014年度 電気電子工学コース向け データ構造とアルゴリズム


  • 単位のとりかた
    • 全回出席(5回より多く欠席するとD)
      • 採点はレポートと毎回授業最後の小テストで (小テストの問題は授業の進行度に応じて授業当日に変更することもあります。)

  • 講義資料(授業日の直前に内容を更新することがよくあります。)
    • 第1回 イントロ
    • 第2回 プログラムを書くとはどういうことか
    • 第3回 流れ図・擬似言語
    • 第4回 擬似言語・バブルソート(137ページ)
    • 第5回 再帰,クイックソート(249ページ)
    • 第6回 マージソート(268ページ),ヒープ(257ページ)
    • 第7回 ヒープの実装,ヒープソート(257ページ)
    • 第8回 線形探索(148ページ),2分探索法(152ページ) (2014/12/8 PDF資料更新済み)
    • 第9回 擬似言語の復習 (この回は無しにします。)
    • 第10回 ハッシュ表探索(155ページ) (2014/12/16はこの内容で授業)(2014/12/11 PDF資料更新済み)
    • 第11回 文字列の検索,ボイヤー・ムーア法(発展的な内容) (2015/1/5 PDF資料更新済み)
    • 第12回 最短経路探索のダイクストラ法(発展的な内容)
    • 第13回 2分法,ニュートン法(発展的な内容)